デキるトレーダーは海外FXを使う

FXというと、「難しそう」「リスクが高そう」などと言ったイメージがありませんか?かくいう私も、何も知らない素人の頃はそうでした。
そこで誰にでも出来る、FX運用方法をご紹介したいと思います。

FXとは基本的に、外貨を買い取ってその通貨の価値が高くなった時に売る、これが基本です。しかしそんなにいつも通貨の上がり下がりをチェック出来ない人も居るでしょう。そんな人には、スワップポイントで利益を出す方法が一番です。
スワップポイントとは何か?大まかに説明すると、各国の金利差で毎日付与される損益値の事です。日本は今、マイナス金利政策による空前の低金利時代です。これを利用しない手は無いでしょう。
例えば、高金利でかつそこそこの安定度を誇る豪ドル。これを円で一万通貨も買えば、毎日何十円ものスワップ益が発生します。特に売り買いなどする必要はありません。ただ、そのまま持っているだけで良いのです。
そのまま豪ドルを買い続けてスワップ益を更に増やしていっても良いですし、スワップ益が貯まったところで売却しても良いでしょう。

「でもFXって、元金が溶けてなくなるって聞くけれど……?」
そんな人に説明したいのが、レバレッジ。
レバレッジとは、大まかに説明すると“元金を何倍もの扱いにして取引をする”というシステム。100万円の取引でも、レバレッジを25倍にして取引すると4万円で100万円相当の取引が出来ます。そうすると元金を基準にして考えると、利益が出た場合は25倍の利益になります。

しかしここで注意してほしいのが、利益だけでなく損が出た場合にも25倍になるという事。FXはロスカットという、損益が一定基準を下回った場合に発動される強制決済のシステムがあります。元金を溶かしてしまったという人の殆どが、このレバレッジを高く設定してしまった人なのです。逆に言えばレバレッジを1倍、つまり元金を十分に用意して取引をするならば、極端な話豪ドルが1円になってもロスカットされる事は無く、スワップ益で稼ぎ続ける事が出来るのです。

如何でしたか?銀行で殆どまともな金利が付かない昨今、FXを定期預金代わりに運用し続けるという選択肢は十分に有りだと思います。
しかも定期預金と違い、24時間いつでも好きな時に売却して換金できるのですから。

FXの入門として、まずは定期預金気分で積み立てを始めてみては如何でしょうか。

ちなみに大儲けを期待するならどう考えても海外FXをするのがいいと思います。
最近の海外FXは

トレーダーの資金レベルに合わせた口座を各種用意し、MT4ならアップル社のマック用のものまで揃っているので、ブートキャンプやパラレル・デスクトップを使用する必要もありません。
もちろん、アンドロイドやiPhoneなどスマートフォンやタブレット用のプラットフォームもあり、あらゆる環境で快適に、どこででも各種サービスに投資できるようになっています。XM.COM(XEマーケット)の口コミ・評判

国内とは仕組みが微妙に違うのですが、そのわずかなことが資金回転のペースを上げることにつながっているのです。

実戦経験を通して力をつけてきた中級者になってから始めるのがいいと言われているものの、何気に初心者でも安心して取引しやすい気がします。その理由は追証に怯えながら取引しなくてもいいという点で、これが海外FXの良さを物語っているといっても過言ではありません。

少ない資金で大きなお金を動かすことになるので、自然とタイトな値幅で損切りするテクニックが身につきます。それでいて、追証がないから大きな利益を稼ぐのに必要な大胆さも武器にできるはずです。

為替取引で一攫千金を望むなら、国内で細々と稼ぐことに甘んじていてはレバレッジをはじめとした現状のシステムですととても大変です。

そんな制約でがんじがらめの世界から抜け出て大金が欲しいと考えると、海外FXでデイトレをするのが一番といえます。